豊胸手術後に可能性のあるトラブルについて

豊胸手術は立派な外科手術である以上、術後トラブルというものを念頭におきましょう。
医療技術は進歩していますが、まったくノーリスクではありません。
また個人差もありますし、体質もありますからトラブルが起こる人と起こらない人に差があると言えばあります。

 

ただ多い手術のトラブルとしては豊胸バッグを入れた後のトラブルとも聞かれます。
豊胸バッグを大胸筋の下に挿入する豊胸手術の場合、合併症として血腫ができる可能性があります。
これは手術後の出血が溜まったもので、あまりに大きくなると抜き出す必要が出てきますから再手術が必要となります。
また豊胸バッグは人体にとっては異物ですから、異物を排出しようという働きが起こります。
外へ出せない代わりに膜を作り、固くなったり、形がいびつになるというトラブルが起こる可能性があります。

 

ただ、安心したいのは豊胸バッグが破損することは滅多に無いという点です。
破損が確認できるのであれば除去が必要となります。
ですが豊胸バッグの位置がずれることはありますからこの場合も再手術が必要です。

 

脂肪注入やヒアルロン酸注入の豊胸手術の場合、手術後のトラブルは豊胸バッグよりは一般的に少ないでしょう。
その中でも知っておきたいトラブルですが、例えばしこりや石灰化などがあげられます。
しこりの場合、注入した脂肪が死んでしまったことによって起こります。
脂肪を多量に注入すると起こる可能性もあります。
ヒアルロン酸の場合、異物と感じて膜がヒアルロン酸の周りを多い、皮膜ができたり乳房の変形をもたらす可能性がありますね。

 

豊胸手術の後のトラブルは全体的には少ないです。
パーセンテージにするとかなりの低確率ですので、信頼できる病院・ドクターの場合は安心して依頼すれば良いと思います。

 

しかし可能性が0ではありませんので、しっかりトラブルに関する内容をドクターと相談して、何かあった場合にはどうなる?というのを話し合った方が無難です。
豊胸手術は高いお金がかかりますから、妥協はしたくありません。
また強い痛みにも耐えることになるので、やはり理想の形が出来上がらなければ勿体無いですよね。
そしてトラブルも避けて無事成功したいのも本音です。
トラブルも視野に入れておきながら、手術内容をドクターと共に話し合ってくださいね。