ホルモンバランスと豊胸手術の関係について

豊胸手術をするとホルモンバランスが崩れる?
一般的に豊胸手術とホルモンの変化は何か知っておきたい事があるのでしょうか?

 

一般的に豊胸手術をして、女性ホルモンが分泌されなくなったという話はほとんど聞かれないのが現状です。
豊胸手術自体はホルモンバランスを乱す原因にはならないという事ですね。
手術自体は、ホルモンバランスには影響のない部分という事で、通常の場合は安心して豊胸手術を受けられます。

 

逆に手術以外で豊胸サプリを服用するという手段もあり、バストアップのための栄養素をしっかり詰め込んだサプリメントが普通に販売されていますが、このバストアップのサプリメントが、成分や体質によってはホルモンバランスを崩す可能性があるかもしれません。
サプリメントはいろいろな成分を一度に体内に取り入れるため、体質や摂取量によっては身体に異変をきたす可能性も0ではありません。

 

 

そう考えると手術でホルモンバランスを崩すことなくバストアップしたほうが良いかもしれません。
もちろん体質や好き嫌いが存在しますので一概には言えませんが、手術という選択肢の方が安全な場合もあります。
ドクターやクリニックでは正しい知識を教えてくれるので、相談してみてはいかがでしょうか?
豊胸手術によってホルモンバランスが乱れたり、崩れて生理がこなくなったというトラブルはあまり聞かれないのが現状です。

 

問題点としてはコストが挙げられます。
豊胸手術には数十万のコストがかかりますがサプリメントなら毎月数千円の金額で終わる場合もあります。
それをどう捉えるかは個人の自由です。

 

また豊胸手術も完璧ではありませんから、ある程度デメリットも知っておいたほうが良いでしょう。
手術後の痛みやその後のアフターケアなど、マッサージはいつまで行わなければならないのか?100万円単位で胸を大きくしてどれだけ持続性があるのか・・・?考えるべきことはたくさんあります。
その辺を考えつつホルモンバランスに対する豊胸の知識を学んでいきましょう。